交通事故集患には○○が必須だった!

2019年6月17日配信

カテゴリ:
コンサルタントコラム 整骨院経営ブログ

皆さま
こんにちは。
船井総研の小川裕樹です。

「交通事故集患を根底で支えているのは、正しい損保対応・医師対応である。」
そう話すのは、元大手損保会社で勤務経験のあるOB様です。

これは長年の弁護士、医師、柔道整復師との勤務経験から導かれた結論であり、
損保会社OB様からすれば、

「担当者が損保会社内でどういう評価を受けるのかを知っていればそういう言い回しにならないだろう」
「接骨院がどういう評価をどういうタイミングで受けるのかを知っていれば、より良い対応があっただろう」

このように感じていらっしゃいます。

確かに、日々、自賠責保険を取り扱う中で、

・病院の診断書に関わらず部位数は1部位しか認められない
・年々、損保会社の締め付けが厳しくなっている
・保険会社の担当者を変えてほしい
・電話対応で、他院に行ってしまった
・保険会社の対応がうまくいかず、思うような部位・対応が確保できない
・平均来院回数が少なく、治らない・治療費が伸びない
・加害者、被害者に対し、その時々に応じた適切なアドバイスができない

このような悩みが多々あるのが実態ではないでしょうか?

交通事故の患者様1人集患するためには、かなりの労力が必要なのはお分かりかと思うのですが、
「お問合せや連絡があっても、電話対応が上手くできず、自院に来てもらえない」
「問診時に不安を感じ、再来院がなかった」

もしこのようなケースがみられる場合、

その離患・対応不足による損失額はマイナス40~50万にも上ります。
言い換えると、1件を確実にできれば、プラス40~50万です。

つまり、上記の悩みを解決するため、交通事故集患力を強化していくためには正しい“知識”が必須であり、
知識が自賠責保険を扱う上での全ての基礎になるといっても過言ではありません。

具体的には、
(1)保険会社の決済システムはどのようになっているのか?
(2)保険会社は事案の管理をどのようにしているのか?
(3)保険会社に目をつけられないためには?
(4)接骨院が注意すべき保険会社の動向は?
など、保険会社の基本的な考え方と実情を理解しておく必要があります。

全国にはズバ抜けて高い集患・対応の実績のある整骨院がありますが、
そういった整骨院の先生方の大多数が、保険会社の考え方や、内情を正しく理解されています。

「彼を知り己を知れば百戦殆うからず」
言わずと知れた孫氏の格言にはこうあります。

我々の置かれている環境の場合、「彼=損保会社」だと言えます。
(正確には敵ではありませんが)

つまり、厳しいと言われいてる交通事故分野で生き残っていく整骨院は、保険会社のことを深く理解しているのです。

そこで、今回ご紹介させていただく7月の交通事故セミナーでは、上記の(1)~(4)だけではなく、

・今後、整骨院が交通事故治療を扱っていくうえで重要なこと
・明日からすぐ役立つ損保担当者と上手に関わるための考え方
・請求に関する手順や間違った請求方法や内容
・整形外科の先生に伝えるべき内容と考え方
・損保担当者にとっての医師と柔道整復師の相違点 

などについても、「1,200超の整骨院と取引実績を誇る」弁護士法人心の西尾代表にご登壇いただき、
保険会社の内情と仕組みについて、詳細にお話していただきます。

下記の画像が2月開催のセミナーの風景です。
講座の合間の休み時間には、列ができるほど多くの質問や相談があり、非常に満足度の高いセミナーとなりました。

下記の2月に弁護士法人心様の講演を聞かれた全国の先生からのご感想がその証拠ではないかと思います。

当日のご参考にしてくださいませ。
※スペースの関係上、一部抜粋させていただいています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「元損保会社の方に、損保の裏話を聞き、なるほどと、今までの損保会社の患者様や私達に対する対応についての合点がいきました。今後損保会社とのやりとりの参考にさせていただきたいと思います。」

「実際の損保会社の実態や考え方を聞ける機会が今までなく、全てのお話が参考になりました。

日頃知ることのできない損保会社の事情や裏側を聞けたことは今後の交通事故患者様救済に必ず役立つと思いました。」

通常聞けない内容や、他社様の実践的な事例を聞くことができ、大変良かった。今日から実践していきたい。」

「ここでしか知ることのできない損保会社側の貴重な話を聴くことができ、交通事故治療への考え方が一変した。

講座のほとんどが初めて聴く話で衝撃だった。早速今日仕入れた情報を院に落とし込もうと思う。」

 

当セミナーは、東京・大阪の2ヵ所で開催予定ですが、各会場限定50名様となります。
※過去のコラムでもご紹介させていただいております。こちらのコラムからもお申込みが多数ございました。

https://funai-healthcare.funaisoken.co.jp/mail_magazine/190526/

https://funai-healthcare.funaisoken.co.jp/mail_magazine/190613/

2017年に100名を超えるお申し込みのあったセミナーの2019年度最新版となります。

2月にも弁護士法人心様をお招きして、セミナーを開催させていただいたのですが、
その際も有難いことに満席となりました。

そういった背景もあり、大阪、東京開催まで残り1か月を切る中で、現在毎日お申し込みを頂いている状況です。

大変申し訳ないのですが、早いもの勝ちとなりますので、
お断りをさせていただく場合はご了承くださいますようお願い致します。

以下セミナーの詳細になります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1.1200超の整骨院と取引実績のある弁護士法人の代表

2.岡山市で事故新規10名超/月を持続的に達成!圧倒的な交通事故集患実績を誇る整骨院経営者が登壇!

2019年度 交通事故セミナー開催

セミナーのお申込み、詳細情報は以下のリンクをクリック!!

https://lp.funaisoken.co.jp/funai-healthcare/seminar/044032_lp/

≪特別ゲスト≫

弁護士法人心 代表弁護士 西尾 有司 氏 (三重弁護士会所属)

弁護士になって2年目で勤務弁護士をしながら年収1億円超えを達成。

独立後は,経営手腕を発揮し,わずか10年程度で弁護士46名を含む社員150名体制を構築。
保険会社側で交通事故事件を扱う中で,被害者に交通事故に詳しい弁護士が付くか否かで
賠償金が2倍以上違うこともあることに疑問を持ち,被害者側の弁護士に転身。

被害者救済を行う中で被害者の真の望みが「早く治る」ことにあると感じ,
1200院超の治療院と協力しながら,賠償金・治療の両面から交通事故被害者の救済にあたっている。

(株)AMBER(陽だまり鍼灸整骨院) 代表取締役 徳良裕司 氏

岡山市南区で交通事故新規10名超/月、交通事故売上150万超/月を持続的に達成。
近隣の整骨院9件、損保会社4件、車屋4件、弁護士1件、損保会社1件と連携。 

こうした地域ネットワークを活用することで、オンライン広告宣伝費が「0円」でも、
毎月の交通事故の集患数を安定的に確保している。交通事故売上を収益の柱に据えることで、
生産性200万/1人を実現している。 

他院の追随を許さない「岡山市で交通事故に遭ったら陽だまり鍼灸整骨院へ!」という地域への
交通事故啓蒙に秀でている。

≪このような整骨院経営者様にオススメ致します≫

自賠責集患数が減少傾向にある整骨院経営者様
交通事故売り上げで月商200万円を達成したい方
自賠責新規10名/月を持続的に達成したい方
集患後の損保対応に自信がない方
毎月の新規が3名以下、自賠責売上が50万円未満で、向上させたい方
毎月の自賠責売上が100万円程度あるけど、さらに、300万円以上をこれから目指していきたい方

周囲の院が自賠責での業績アップを諦めている中、
交通事故治療の地域1番院になりたい整骨院経営者様は是非今回のセミナーへお越しください。

整骨院業界に精通しているゲスト講師と共に、整骨院業界のほとんどの経営者が知らない
交通事故治療で地域1番院になる秘訣をお伝えさせていただきます。 

本気で交通事故集患で結果を出したい方は、
以下のリンクをクリックし、今すぐセミナーにお申込みください!
https://lp.funaisoken.co.jp/funai-healthcare/seminar/044032_lp/

お申込は各会場50名様限定となります。

≪セミナー開催概要≫

2019年度 第13回

「真の患者救済のための交通事故治療地域一番化への道」

◆2019年7月14日(日)
 @船井総研 大阪本社 12:30~16:30 (受付12:00~)

◆2019年7月21日(日)
 @船井総研 東京本社 12:30~16:30 (受付12:00~)

詳細は下記よりご確認ください。
https://lp.funaisoken.co.jp/funai-healthcare/seminar/044032_lp/

<参加したあなたはこのようなノウハウを手に出来ます!>

1.整骨院が知っておくべき保険会社の仕組みと考え方
2. 交通事故患者様が毎月10名以上新規来院し続けるWEB集患ノウハウ
3.医師との関係性を良好にする具体的手法
4. 交通事故患者が集まる交通事故サイトの作り方
5.平均通院回数12回を実現する通院指導・患者管理
6.既存患者への認知度を高める啓蒙活動手
7. スタッフが交通事故集患に積極的に協力してくれる院内教育手法

【セミナーのお申込み・詳細情報はコチラ】
https://lp.funaisoken.co.jp/funai-healthcare/seminar/044032_lp/

船井総研ならではの治療院経営の現場最新情報&ノウハウが満載の無料メールマガジン

自費治療で売上が月200万円以上UP!新規交通事故患者が毎月8名以上集まる!
その秘密を無料メルマガで大公開!!

無料個別相談のお問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

お電話でのお問い合わせ

0120-958-270 (受付時間 平日9:00~18:00)0120-958-270 (受付時間 平日9:00~18:00)

船井ヘルスケア経営.COMを見たとお伝えください。

ページのトップへ戻る