整骨院経営の基礎 適切な自費治療価格を設定するための重要な1つのポイント

2018年3月26日配信

カテゴリ:
コンサルタントコラム 整骨院経営ブログ

こんにちは

船井総研 整骨院経営コンサルタントの浦林です。

 

本日は改めて自費治療を行う上での基本中の基本のお話、
”生産性”についてお伝え致します。

 

最近、よく様々の整骨院院長の経営相談を受けさせていただきますが、
保険治療で今まで経営されてきた整骨院ほど、

 

「価格帯はどうしたらよいですか?」

「自費治療でも少し高いくらいの1500円で提供しています」

 

という質問を良くお聞きします。

 

 

今まで、何十万円、何百万円支払って覚えた治療を安売りしてまっているのです。

 

 

せっかくお金も払い、長い時間をかけて習得した技術を安売りしてしまっては意味がありません。

 

 

こういった整骨院経営者の皆様が意識すべきは

 

 

 

”価格/価値”です。

 

 

 

決して安売りすることなく適正な価値で提供することが大切です。

 

 

 

提供する技術によっても単価は変わるので、一概に「いくら」とはお伝えできませんが、

 

 

 

指標としては1分150~200円を意識することが重要です。

 

 

 

改めて、自院のメニュー価格設定を見直し、整骨院の経営に役立ててみてください。

船井総研ならではの治療院経営の現場最新情報&ノウハウが満載の無料メールマガジン

自費治療で売上が月200万円以上UP!新規交通事故患者が毎月8名以上集まる!
その秘密を無料メルマガで大公開!!

無料個別相談のお問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

お電話でのお問い合わせ

0120-958-270 (受付時間 平日9:00~18:00)0120-958-270 (受付時間 平日9:00~18:00)

船井ヘルスケア経営.COMを見たとお伝えください。

ページのトップへ戻る