市場規模220%成長?今後、確実に伸びるセミパーソナルトレーニングとは?

2019年6月26日配信

カテゴリ:
コンサルタントコラム 整骨院経営ブログ

トレーニング業界の市場が伸びており、
今後ますますこの市場は成長すると言われております。

具体的には、
2016年に7,100億円の市場規模が、
2025年には1兆5900億円まで220%も成長するという見込みが有ります。

この急成長しているトレーニング市場の中、
注目を集めている新しい】トレーニングモデルをご紹介させていただきます。
そのモデルが、セミパーソナルトレーニング です。

 

■セミパーソナルトレーニングのビジネスモデルとは?

「パーソナルトレーニング」という言葉は、皆様ご存知かと思います。

セミパーソナルトレーニングとは、
トレーナー1人対会員数複数名でトレーニングを行うモデルです。

パーソナルとレーニングの特徴は・・・
・トレーナーとマンツーマンでトレーニングが出来る
・1対1のトレーニングのため、顧客が求める結果が出やすい
・期間を決めたトレーニングプログラムである
という点が挙げられます。

では、今回の
セミパーソナルトレーニングの特徴は・・・
・トレーナー1人対会員複数名で行うトレーニング
・継続して通えるため、長期に渡りトレーニングが可能である
・複数名参加により、1セッションでの売上が上がり、月間のトレーナー1人売上が高い

という点が挙げられます。

 

■セミパーソナルトレーニングで成功しているポイント紹介

セミパーソナルトレーニングだと、
・パーソナルトレーニングに行きたいけど、高くてなかなか通えない
・マシンジムでのトレーニングでは、自分に合っているのか分からず、やめてしまった

という方を救えるトレーニングモデルとなります。

且つ、1セッションの売上が最大1万4千円(パーソナルトレーニングの平均売上の2倍)
となり、収益性も高いことが特徴です。

フィットネス・トレーニング業界をさかのぼると、

・フィットネスクラブが流行:運動不足で通うが半年で退会してしまう
・パーソナルトレーニングが流行:期間を決めて結果を出せるが、期間終了後、体型維持が難しい
・24時間型マシンジムが流行:健康志向が高まり、低額で通いやすいが一部の顧客以外、離反してしまう

といった背景があります。

今後、フィットネス・トレーニング業界に求められる要素として、

・通いやすい金額
・トレーナー指導によるオーダーメイド提案
・無理なく継続することが出来る

これらの要素が必要となります。

そんな業界背景からも、今後、ますます日本には、
セミパーソナルトレーニングが浸透することでしょう。

 

■セミパーソナルトレーニングを成功させる3つのポイント

今回、セミパーソナルトレーニングジムを運営している企業様を分解し、
成功している条件をまとめました。

1、健康経営に興味がある
2、トレーニングジムで30坪以上の物件を持っている
3、トレーナーとして2名以上人員がいる

これらのポイントを抑えていることが、
セミパーソナルトレーニングジムの運営を開始させるためには、
必須のポイントとなります。

皆さまの会社でも、是非ご参考になさってください。

 

▼おすすめセミナー▼

「セミパーソナルトレーニングジム立ち上げセミナー」

・セミパーソナルトレーニングジムって、
 どんなビジネスモデルか知りたい

・セミパーソナルトレーニングジムって、
 どの位の売上が作れるのか?

・セミパーソナルトレーニングジムって、
 立ち上げるにはどんな準備が必要なのか?

このようにご興味をお持ちの方は、ぜひ、詳細をご確認ください。

▼詳細はこちらからご覧ください▼
https://lp.funaisoken.co.jp/funai-healthcare/seminar/046833_lp/

船井総研ならではの治療院経営の現場最新情報&ノウハウが満載の無料メールマガジン

自費治療で売上が月200万円以上UP!新規交通事故患者が毎月8名以上集まる!
その秘密を無料メルマガで大公開!!

無料個別相談のお問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

お電話でのお問い合わせ

0120-958-270 (受付時間 平日9:00~18:00)0120-958-270 (受付時間 平日9:00~18:00)

船井ヘルスケア経営.COMを見たとお伝えください。

ページのトップへ戻る