【時流業界の最新モデル】働くトレーナーから見たセミパーソナルトレーニングジムが流行する理由

2019年8月19日配信

カテゴリ:
コンサルタントコラム 整骨院経営ブログ

整骨院経営者の皆様にフィットネス・トレーニング業界の最新情報をお届けいたします。

皆様こんにちは、セミパーソナルトレーニングジムの新規立上げを
サポートさせていただいている船井総研の的場と申します。

前回、前々回とお送りさせていただいたフィットネス・トレーニング業界の最新情報は、
経営者から見たとき・ユーザーから見たとき、
なぜセミパーソナルトレーニングが流行していくのかという点について解説させて頂きました。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

7/4 配信 【時流業界の最新モデル】ユーザーから見たセミパーソナルトレーニングジムが流行する理由
https://funai-healthcare.funaisoken.co.jp/mail_magazine/190705/

7/10配信 【24時間ジムとの比較】経営者から見たセミパーソナルトレーニングジムが流行する理由
https://funai-healthcare.funaisoken.co.jp/mail_magazine/190712/

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

では今回は、働くトレーナーから見たとき、
なぜセミパーソナルトレーニングが優れているのかという理由について解説させていただきます。

結論を申し上げますと、
『長時間労働・低賃金という業界のスタンダードを壊し、トレーナーの方が本当にやりたいことができるトレーニングジム』であるためです。

現在、フィットネス・トレーニングジムのトレーナーとして活躍されている方の雇用形態・勤務体系としては3種類あります。
1)フィットネスクラブやトレーニングジムに正社員、もしくはアルバイトとして採用される
2)フリーランスのトレーナーとしてフィットネスクラブやトレーニングジムと業務委託契約をする
3)独立開業を行い、個人事業主として活躍する

これらのうちで特に、1)正社員やアルバイト、2)フリーランスとして活躍されているトレーナーの方に多い悩みとして、

■ユーザー(会員様)主導で働く時間が決まってしまうことによる、長時間労働
■東京23区内でも正社員月給22万円・時給1000円程度までしかいかない、低い賃金体系
■会社の方針に合わせる必要があるため、自身が持つスキルを最大限に活かして、会員様に寄り添うことができない
上記のようなことが挙げられます。

例えば、トレーナーとして勤務することを希望して入社したにもかかわらず、
フロント業務や事務作業ばかりを行っているというトレーナーの方も珍しくありません。

また自身の持っているトレーニング技術やノウハウ・スキルを活かして会員様に適切なトレーニング指導を行いたいと思っていても、入社した会社が対象としているターゲット層の違いやトレーニングに対する価値観の違いによって持っている技術を存分に発揮できていないトレーナーの方も多くいらっしゃいます。

ユーザー(会員様)の視点から見ると、24時間営業のトレーニングジムやコンセプト重視型のトレーニングジムが増えたことにより、金銭的・距離的にもトレーニングジムに通いやすく、手軽に入会が出来るようになっています。

しかし、働き手・トレーナーの視点から見ると、待遇面はもちろんのこと、なにより本来トレーナーがあるべき姿である、お客様がなりたい姿・理想の自分・実現したい願望に対して最短最適のルートで導いてあげるために必要な働く環境が整っていない場合が多くあり、業界として発展途上であることが分かります。

急成長業界である、フィットネス・トレーニング業界に新規参入される経営者の方にご理解して頂きたいのは、どれだけ収益性の高いビジネスや地域に影響の与えることができるビジネスであっても、働き手(トレーナー)から見たときのメリットが無いと事業としての継続性が薄れてしまうという点です。

■一般企業に勤める会社員と同じくらいの労働時間
■高い生産性を誇る事業であることによる高水準な賃金体系
■自由度が高いトレーニングメニューを提供することができ、トレーニング指導に集中できる環境が整っている

このような特徴をもつセミパーソナルトレーニングジムは、低賃金・長時間労働という業界のスタンダードを壊し、トレーナーの方が本当にやりたいことに集中できるトレーニングジムであることがお分かりいただけるのではないでしょうか。

採用したトレーナーを教育し、定着させ、会社に対する愛着や思い入れを抱かせる上でも重要な観点になります。
そのようなトレーナーに対する取り組みが、会員様へのトレーニング指導の品質向上やトレーナーが主体となったジム経営に繋がっていきます。

これまで配信させて頂きましたセミパーソナルトレーニングジムの魅力を総括すると、セミパーソナルトレーニングジムは、
「経営者・ユーザー(会員様)・トレーナーへの三方よし」を実現するトレーニングジムであるということです。

次回もフィットネス・トレーニング業界の最新情報をお届けいたします。
長文お読みいただき誠にありがとうございました。

―――――

*トレーニング事業新規参入セミナー開催決定【※異業種からの参入事例あり】*―――――
2019年7月に開催いたしましたセミナーが好評につき、次回の開催も決定いたしました。
「セミパーソナルトレーニング ビジネスモデル公開セミナー」開催
■日程、会場
・2019年11月19日(日)@船井総研 東京本社
・2019年11月24日(日)@船井総研 大阪淀屋橋セミナープレイス

「セミパーソナルトレーニング」のビジネスモデル公開セミナーの【詳細】はコチラ!
お申し込みもこちらからどうぞ!
https://lpsec.funaisoken.co.jp/funai-healthcare/seminar/042295_lp/

□新規出店に向けた初期費用や必要なマシン器具の詳細
□出店すべき立地選定の方法、抑えるべき物件選定のポイント
□定着し、自社に愛着や思い入れを持ったトレーナーの採用方法
□何を使って集客するのか、来店したお客様をどうやって入会していただくのか
に至るまで余すことなくすべてお伝え致します。ご興味がございましたら是非ご確認ください。

―――――さらに【※限定配布】セミパーソナルトレーニングジム参入計画書【3万円相当資料 無料配布中!】―――――
<トレーニング業界の新モデルに参入するために計画書を無料公開中>
■1000万円以下の初期投資で参入可能
■6ヶ月で単月黒字化、1年半で投資回収完了
■営業利益率40%以上達成可能
■たった24坪で参入可能、2階以上の空中物件でもOK!

新しいパーソナルトレーニングの全貌を公開した限定レポートを是非ご一読ください!
https://lp.funaisoken.co.jp/mt/funai-healthcare/dl-19.html

船井総研ならではの治療院経営の現場最新情報&ノウハウが満載の無料メールマガジン

自費治療で売上が月200万円以上UP!新規交通事故患者が毎月8名以上集まる!
その秘密を無料メルマガで大公開!!

無料個別相談のお問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

お電話でのお問い合わせ

0120-958-270 (受付時間 平日9:00~18:00)0120-958-270 (受付時間 平日9:00~18:00)

船井ヘルスケア経営.COMを見たとお伝えください。

ページのトップへ戻る