患者様が継続して来院する初診対応のコツ

2019年6月10日配信

カテゴリ:
コンサルタントコラム 整骨院経営ブログ

いつも本コラムをお読みいただき、ありがとうございます。
船井総合研究所の坂本です。

本日は「患者様が継続して来院する初診対応のコツ」と題しましてコラムをお送りさせていただきます。

皆様普段診療をされているときこのようなお悩みはありませんでしょうか?
よくあることとして、
□患者様の来院が3回くらいで途切れてしまう。
□予約のタイミングで来てくれない。
□予約をもらえても無断でキャンセルされてしまう。
□患者様とかみ合わないことがある。
□なかなかこちらの考えているように診療が進まない
のようなことです。

実はこのような事が発生してしまう理由には共通点があります。

(1)患者様と治療のゴールを共有できていない
これは患者様が考えている、
「痛みを解消したい」というニーズにのみ答えていると、
痛みがなくなって来る3回目程度で離反が起きやすくなります。
そうではなく、痛みがなくしてどうしたいか。
この患者様の心理を如何に理解して共有できるかが
3回目以降も継続いただけるポイントとなります。

(2)患者様と心の距離感を近づけられていない。
診療中、患者様との心の距離感を近づけるのに最適な
シーンは問診・検査・治療提案のタイミングです。
ただこの場面をうまく活用できていない先生が多くいらっしゃるかと感じます。

1. 問診
×⇒患者様の状態、痛みの箇所や期間のみに意識がいっている
〇⇒上記にプラス、痛み以外のお悩みや患者様の心理に沿って
心を開いてもらう仕掛けを作っている。

2. 検査
×⇒患者様の状態を施術者が理解するために行っている。
〇⇒上記プラス、患者様に状態を理解させることを意識した声掛けや工夫を行い、
その場で簡単に施術を行いビフォーアフターを見せられている。

3. 治療提案
×⇒単純にどんな治療をこれから行うかのみをお伝えしている
〇⇒心理学のテクニックを駆使して患者様からお伝えされていないにもかかわらず
患者様の日常生活癖などを見抜きお伝えし権威を得た後に治療内容・期間・来院頻度・金額をお伝えし
納得いただいた上で治療に移行している

いかがでしょうか。
少しの工夫で、まったく完全自費の治療院でも
2回目の来院率が80%以上、
5回目の継続率が60%以上にしていくことは十分可能です。

上記のポイントを踏まえて今一度
初診対応の流れを考えてみてください。

本日もご覧いただきありがとうございます。

【!患者様にきちっと通院いただきたい院様におすすめ】

先ほどの内容をもっと詳しく知りたい。
正直上記の内容をすぐにできるようになりたい!
2か月先まで予約が取れる治療院になりたい!
プレ施術ができる技術を手に入れたい!

そうお考えの院様にお勧めです。

「~急性患者さんが短時間施術で「あっ」と驚く~
高効果・高再現性の「深部整体」導入セミナー」
https://lp.funaisoken.co.jp/funai-healthcare/seminar/042167_lp/

こちらのセミナーですが
(1)非常に高い施術効果が出せる整体法を習得できる
(2)2か月先までの予約を取る院長のやり方を学べる
(3)スタッフに落とし込みを行うための方法も学べる
(4)ベストな初診対応の方法を学べる
というセミナーです。

実はこのセミナーは昨年も実施したのですが、
その時受講された先生たちは2~3カ月後には
軒並み患者さんの改善レベルをあげられています。

その結果、患者さんのリピート率とスタッフ生産性があがり
業績アップに繋がっている院が多くでてきていることを知り、
再度セミナー実施を希望される方が多かったため
今年も開催させていただくことになりました。

今回は前回に増して、
技術をより活かした通院プログラム指導の仕組みと
実際に明日からすぐ使える通院指導ツールを
セミナー参加者にプレゼントさせていただきます。

お申込みはこちらから
https://lp.funaisoken.co.jp/funai-healthcare/seminar/042167_lp/

船井総研ならではの治療院経営の現場最新情報&ノウハウが満載の無料メールマガジン

自費治療で売上が月200万円以上UP!新規交通事故患者が毎月8名以上集まる!
その秘密を無料メルマガで大公開!!

無料個別相談のお問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

お電話でのお問い合わせ

0120-958-270 (受付時間 平日9:00~18:00)0120-958-270 (受付時間 平日9:00~18:00)

船井ヘルスケア経営.COMを見たとお伝えください。

ページのトップへ戻る