目標達成するためのポイント パート2

2019年2月14日配信

カテゴリ:
コンサルタントコラム 整骨院経営ブログ

皆様
こんにちは、船井総研の宮澤です。
 
本日はタイトルにあるように経営をするうえで非常に重要な
「目標達成」についてお送りしたいと思います。
 
前回、私のコラムでは「目標達成するためのポイント」をお送りさせて頂きまして、
経営をしていくうえで欠かせないPDCAサイクルの「P」について
「SMARTの法則」を用いることで正しく計画が行えて
その後のD→C→Aと繋がりやすくなるということをお伝え致しました。
 
さて、そんな今日は「P」で決めたことをいかに行動(=D)の質を高めて
計画した成果に結びつけていくか
お伝えしたいと思います。
 
基本的には、業績アップに関して計画する際にはKGI(例:月間目標売上)を決定します。
※KGI:キー・ゴール・インディケーター(重要目標達成指標)
 
その後、そのKGIを達成するために必要な要素を決定していきます。
それを「KPI」と言います。
※KPI:キー・パフォーマンス・インディケーター(重要業績評価指標)
 
例えば、カルテ枚数やリピート率や離反率や単価や頻度といった
KGIに直接影響する経営数値のことを指しています。
 
さて、「P」でKPIを決定したあとに行うことがあります。
それはたった3つです。
 
1.決定した行動を72時間以内に実行できるか
2.その行動が具体的にイメージできているか
3.行動を「数値化」して「KDI」として毎日進捗確認をする

 
上記3点を満たすことができると計画(P)したことが正しく実行(D)でき、
計画達成に近づくことができます。
 
計画したことが望む成果として実現できるようぜひ参考にしてみてください。
 
以上

船井総研ならではの治療院経営の現場最新情報&ノウハウが満載の無料メールマガジン

自費治療で売上が月200万円以上UP!新規交通事故患者が毎月8名以上集まる!
その秘密を無料メルマガで大公開!!

無料個別相談のお問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

お電話でのお問い合わせ

0120-958-270 (受付時間 平日9:00~18:00)0120-958-270 (受付時間 平日9:00~18:00)

船井ヘルスケア経営.COMを見たとお伝えください。

ページのトップへ戻る