【必見】2020年に勝てる整骨院の戦略は〇〇〇〇〇〇〇である!

2020年1月16日配信

カテゴリ:
コンサルタントコラム 整骨院経営ブログ

整骨院業界は年商1億円を越える会社がたったの5%しかないと言われています。
したがって、95%は整骨院業界における中小零細企業ということになります。

今回は、中小零細企業が重要視しないといけない戦略をお伝えしたいと思います。
タイトルにある〇〇〇〇〇〇〇には何が入ると思いますか?

答えは「ブランディング」です。
ブランディングのメリットは下記の4つです。
価格競争から脱却できる=船井総研でいう価格の主導権化
リピート率の向上および離反率の改善
コスト削減=広告宣伝費が不要になってくる
人財確保

ここで集客における手法を考えてみましょう。
①マーケティング
②広告
③PR
④ブランディング

実はシンプルに上記の4つに分かれます。
マーケティング=特定の人物にアピール
広告=複数のターゲットに向けてアピール
PR=間接的にアピール
ブランディング=相手からアピールされる

どうでしょうか?ブランディングだけアピールの方向が異なります。

では、ブランディングとは?
簡単にいうと「売りたいものを売るな」ということです。
身近な例でいうとスターバックスコーヒーです。そこは、コーヒーを売っていますが、本質的に売っているものは「空間」です。スターバックスコーヒーのコンセプトは「第三の場所(サードプレイス)」です。

したがって、このタイミングで購読して頂いている皆さんには
自社の整骨院は何を売っているのかを明確にすることが重要で、それを様々なチャネルを用いて発信・体現していくことでブランディングされていきます。

ブランディングができてくると上記で記しているようなメリットを享受でき、単価アップも容易になります。

2020年はブランディング戦略で自社の企業発展をしてみませんか?

最後までお読みいただきありがとうございました。

船井総研ならではの治療院経営の現場最新情報&ノウハウが満載の無料メールマガジン

自費治療で売上が月200万円以上UP!新規交通事故患者が毎月8名以上集まる!
その秘密を無料メルマガで大公開!!

無料個別相談のお問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

お電話でのお問い合わせ

0120-958-270 (受付時間 平日9:00~18:00)0120-958-270 (受付時間 平日9:00~18:00)

船井ヘルスケア経営.COMを見たとお伝えください。

ページのトップへ戻る