整骨院で交通事故の売上を伸ばすための自賠責保険の一般常識

2021年3月3日配信

カテゴリ:
経営 コンサルティング

自賠責保険の仕組み

こんなお悩みございませんか
☑交通事故の知識に不安がある
☑どのような保険を使ったらいいか理解していない
☑知識がなくて患者様を十分に施術できなかったことがある
☑損保会社ともめたことがある

いつもコラムをお読みいただきありがとうございます。
船井総研の大脇です。
今回は、このようなお悩みを持った方に読んでいただきたく、
コラムを書かせていただきました。

交通事故に一番関連する保険は、自賠責保険でございます。
この保険を正しく理解することで、交通事故に遭われた患者様に適切な保険を使うことができ、そして、結果として当院の交通事故売上を伸ばすことができます。
逆に知らないと、得られるはずの施術費を受け取れません。
最悪の場合、交通事故の2次的加害者になる可能性があります。

自賠責保険と位置付け
自賠責保険とは強制保険、つまり自動車を運転する上で必ず加入しなければならない保険です。
そして、交通事故が発生したときの施術費や慰謝料、休業損害は基本的にはこの自賠責保険から支払われます。
また、自動車を運転するほとんどの方が、自賠責保険とは別に任意保険に加入されております。
交通事故に遭った時の施術費や慰謝料、休業損害は、まず、自賠責保険から支払われますが
自賠責保険には限度額があるため大きな事故の場合は任意保険から支払われます。

保険の知識を付けることでどれくらい業績を伸ばせられるのか
保険の知識を付けると
①自賠責保険が使えないケースも対応できる
②自賠責保険の限度額を超えるケースにも対応できる
③一括対応が終了したケースにも対応できる

①について、例えば単独事故の場合は自賠責保険が使えません。
そのため、人身傷害保険を使用して施術をすることができます。
また、②についても人身傷害保険を使用することになります。

③については、一括対応が終了したとしても被害者請求という形で、
自賠責保険を使用して、施術を続けることができます。

交通事故には、様々な保険が関わってきます。
保険の知識を持っている整骨院は、患者様に適切なアドバイスと施術ができ、
その結果として交通事故の売上を伸ばすことができます。
そして、その評判を聞いた方が来院されるという好循環ができます。

最後に
交通事故の知識を付け、交通事故の売上を伸ばされると
整骨院としても患者様としてもウィンウィンの関係ができますので、
ぜひ、交通事故の知識を付けてみてください。

こちらのコラムをお読みいただき、交通事故の知識についてご質問がある方は、
下記のフォームより無料相談を承っておりますのでお気軽にご連絡ください。
交通事故に関する知識と全国の事例を基に、お答えさせていただきます。

https://lpsec.funaisoken.co.jp/funai-healthcare/lp/consulting/

最後までお読みいただきありがとうございました。

船井総研ならではの治療院経営の現場最新情報&ノウハウが満載の無料メールマガジン

自費治療で売上が月200万円以上UP!新規交通事故患者が毎月8名以上集まる!
その秘密を無料メルマガで大公開!!

無料個別相談のお問い合わせ

オンライン経営相談

お申込みフォームはこちら

お電話でのお問い合わせ

0120-958-270 (受付時間 平日9:00~18:00)0120-958-270 (受付時間 平日9:00~18:00)

船井ヘルスケア経営.COMを見たとお伝えください。

ページのトップへ戻る