整骨院が取り組むべき「集患」×「医接連携」のポイント

2020年10月15日配信

カテゴリ:
経営

下記のチェックリストに1つでも当てはまる方は
交通事故の売上を伸ばしていくために参考となりますので
このまま読み進めていただければと思います。

□「交通事故の売上をアップさせたいが、何から取り組めばよいかわからない」
□「交通事故新規を増やしていきたいが方法が分からない」
□「医師と良好な関係を築いていきたいが方法がわからない」
□「整形外科から交通事故の患者様が帰ってこない」
□「交通事故売上300万円/月達成をしたい」

いつもコラムをお読みいただきありがとうございます。
船井総合研究所の萱間です。

今回は、整骨院と病院(整形外科)との連携に関してコラムを執筆していきたいと思います。
私たちは、整骨院と病院(整形外科)が連携することを
「医接連携」と呼んでいますが医接連携を行うメリットは、
・外傷のフォローを行っていただける
・連携していることで患者様に対して安心感・信頼度を与えることができる
・警察等へ提出する診断書を書いていただける、整合性が取れる
・交通事故患者様を送っても帰ってくる
・交通事故患者様を紹介していただける など・・・     

様々なメリットがあります。

特に医接連携で集患を行えるというメリットは
読者の皆様の中にはイメージしづらい方もいらっしゃると思いますが
とても大きなメリットとなってきます。
私たちは、「医接連携」なくして「交通事故集患」が
最大化されることは無いとも考えています。

それだけ、整骨院が病院と連携することは重要となってきます。

重要となる要因としては、下記の2点になります。

1.保険会社から整形外科を紹介され、自院への来院がストップされる可能性が少なくなる。
2.1.に不随して、患者様のご家族や周囲の方々に自院の不評が広まる恐れが少なくなる

まず、1.についてですが、

弊社交通事故研究会の会員企業様の患者様に
交通事故治療で整骨院にたどり着くまでの経路調査を行った結果アンケートを行った結果
多くの患者様が、
第1連絡先:警察
第2連絡先:親族
第3連絡先:保険会社
第4連絡先:整形外科
第5連絡先:整骨院
という流れで整骨院に来ていました。

読者の皆様もなんとなくこの流れに関しては
分かっていると思います。

ここで重要となるのが
“交通事故にあった患者様からの連絡が最後のほうに整骨院に連絡が来る”
という事実です。

交通事故患者様がなかなか集まっていない院は
上流の部分で整骨院に行く流れができていないことが要因として
上げられます。

上記でも記載をしましたが、
保険会社は治療の機関として整形外科を紹介することが多いです。
交通事故治療を行う上病院(整形外科)に行く必要があるので
自然な流れとも言えます。

しかし、整形外科と連携をとれている院は
整形外科から紹介をしていただき交通事故患者様が来院する流れを作れています。
その流れを作れていれば自院への来院がストップする可能性は少なくなるばかりか
安定して交通事故患者様を集患することができます。

・交通事故専門のHPを作成したのに来院しない
・院内の啓蒙活動をおこなっているのに来院がない

と感じている整骨院では知らず知らずのうちに交通事故の来院が
ストップしている可能性があります。
いかに、自院で機会損失が起きているのかがご理解いただけたかと思います。

次に2.についてです。
上記の1.でただ単に交通事故の患者様の来院がストップする
のであれば来院できる経路を開拓していけばまだ来院する見込みはあります。
最悪のケースとして多くあるのは、保険会社や整形外科に
「整骨院にはいかないでほしい」
「治療に関しては整形外科だけで十分です」
と患者様に伝えられ、整骨院に関するイメージが悪くなり
交通事故患者様が来なくなるだけではなく
“整骨院に行くこと自体がわるいこと”なんだと思われることです。

このような事態を避けるためにも
整骨院と病院(整形外科)で連携を行っていくことが必要です。
また、連携を行うことで整骨院の売上を上げるだけではなく
患者様にも身体面・精神面で安心感を与えることができます。

このコラムで整骨院と病院(整形外科)が連携する重要性が
分かっていただけたかと思います。
重要性をわかっていただけましたら次は、具体的な連携の方法を知る必要がございます。
今回はWEBにて整骨院と病院(整形外科)が連携する具体的な方法を
実際の成功事例をもとにお伝えをしていきたいと思います。
ゲスト講師に清須市のいけむら接骨院の池村先生を迎え具体的な
医接連携の方法に関してお伝えをしていきたいと思います。

【池村先生のすごいところ】
愛知県清須市で、1院3.5名で月商600万を持続的に達成。
その売り上げを支えるのは、300万弱の実績を誇る交通事故売上であり、「自賠責1人あたり平均単価90,000円以上」「平均通院回数15回」など、医師との密接した連携を実現している。整形外科で20年の勤務経験があり、その汎用性の高いノウハウを活かし、地域で交通事故患者様を救済し続けている。一番大切にしているのは、患者様の満足度は当然ながら、損保会社・医師との三方良しの関係性である。

とても内容の濃いものとなっていますのでぜひ皆様のご参加をお待ちしております。

—————————————————————————–

【2020/10/31(土)以降に開催のセミナー】

ご来場による開催とウェブによる開催の併用を予定しております。
今後の状況によって、WEB開催のみに変更させて頂く場合がございます。

 

【webセミナー】整骨院交通事故集患と医接連携強化セミナー
◆日時
日程①:2020/10/31 (土) 13:00~15:00 オンラインセミナー
日程②:2020/11/01 (日) 13:00~15:00 オンラインセミナー
日程③:2020/11/07 (土) 13:00~15:00 オンラインセミナー
日程④:2020/11/08 (日) 13:00~15:00 オンラインセミナー

◆料金
一般価格 10,000円 (税込 11,000円)/ 一名様
会員価格 8,000円 (税込 8,800円)/ 一名様

■視聴方法:PC/タブレットがあればどこでも参加可能
※お申込み後に送付するメールに記載されているURLをクリックでセミナー受講が可能です

■オンラインセミナーのお申込みはコチラから!
https://www.funaisoken.co.jp/seminar/061154

またご参加されたすべての会社様で1時間の無料個別相談を実施します。
ご応募お待ちしております。

船井総研ならではの治療院経営の現場最新情報&ノウハウが満載の無料メールマガジン

自費治療で売上が月200万円以上UP!新規交通事故患者が毎月8名以上集まる!
その秘密を無料メルマガで大公開!!

無料個別相談のお問い合わせ

オンライン経営相談

お申込みフォームはこちら

お電話でのお問い合わせ

0120-958-270 (受付時間 平日9:00~18:00)0120-958-270 (受付時間 平日9:00~18:00)

船井ヘルスケア経営.COMを見たとお伝えください。

ページのトップへ戻る