【緊急事態に備える】経営的に強い整骨院の条件とは

2020年4月17日配信

カテゴリ:
経営

いつも弊社コラムをお読みいただきありがとうございます。

船井総研の後藤です。

 

都市圏ではコロナウィルスの影響で緊急事態宣言が発令されました。

今後少なくとも1か月以上は整骨院においても集客数・来院数の減少が発生すると考えられます。

 

現在、資金繰りや営業自粛すべきかどうか、集患の強化など様々な相談が弊社にも寄せられています。今後経営難に陥ってしまう整骨院も増えてくることが予測される中で、このような緊急事態に対応できるかどうか?の大事なポイントの一つが高い生産性を平常時に保てており、現預金をどれだけ持ててるかになります。

 

高い生産性を保つ整骨院が行っていることは

 

①自費施術への移行(施術時間当たりの売上が高い施術の設計)

②WEB等を駆使した安定した集客体制の確立

③リピート率を高める社内の仕組みづくり

 

大きく分けるとこの3つです。

 

これだけ聞くと、【え、それだけ?当たり前のことじゃないの?】と思われる方が多いかと思いますが、業績の良い整骨院でも取り組んでいることは基本的にはそれだけです。

 

ただ、業績の良い整骨院では先ほどの3つの取り組みを進める上で

⓪治療コンセプトと自院の在り方を明確にし、自社の取り組みに連動させること。

を徹底的に行われています。

 

治療コンセプトや自院の在り方というのは、抽象的な話で

中々日々の営業の中で、自社の見直しを行うことが難しいコンテンツです。

ですが、集客にしてもリピートにしても、根底にあるのは治療コンセプトになります。

 

この度のコロナウィルスに関する諸問題の中で、整骨院を経営されている皆様にどのように弊社が貢献できるのかを考えたときに、コロナウィルスが落ち着いたときに損失を補填できるよう

生産性を高めるためのノウハウを知っていただく事、そしてまた営業難に陥るようなことがあったときに経営が揺るがずに済む強い経営体制を作っていただく事が皆様に最も貢献ができると考えました。

 

4月22日にPC・タブレット等から視聴いただける、生産性が高い整骨院がどのような考え方でメニュー・HP・リピートの仕組みを構築されているのか?について公開させていただくセミナーを開催いたします。また、セミナー後にはオンラインでの経営相談も実施させていただきます。

通常時の弊社のセミナーは料金が高いというイメージを持たれている方も多いかと思いますが。今回は5,000円で受けていただく事ができます。(※システムの保守運用上無料での実施が困難でした。)

この機会に自社の在り方・コンセプトを見直す事で一つでも多くの会社・整骨院がコロナショックの後飛躍できるお手伝いをさせていただければと思います。

ぜひセミナーと経営相談へのご参加お待ちしております。

 

詳細は下記URLよりご確認いただけますと幸いです。

https://www.funaisoken.co.jp/seminar/058320

 

苦しい時期になりますが業界に関わる方が1人でも多く良い方向へ迎えるよう

弊社一同微力ながら力になれればと思います。

 

船井総研ならではの治療院経営の現場最新情報&ノウハウが満載の無料メールマガジン

自費治療で売上が月200万円以上UP!新規交通事故患者が毎月8名以上集まる!
その秘密を無料メルマガで大公開!!

無料個別相談のお問い合わせ

オンライン経営相談

お申込みフォームはこちら

お電話でのお問い合わせ

0120-958-270 (受付時間 平日9:00~18:00)0120-958-270 (受付時間 平日9:00~18:00)

船井ヘルスケア経営.COMを見たとお伝えください。

ページのトップへ戻る