「2021年以降は常識?整骨院版サブスクモデル」

2020年9月15日配信

カテゴリ:
コンサルタントコラム 整骨院経営ブログ

いつも当メルマガをご愛読いただき
ありがとうございます。
船井総合研究所の村山です。

新型コロナウイルスの感染拡大が続く中でも、
弊社のクライアント企業においては売り上げが完全に戻り始め、
前年越えというところもたくさん出てきております。

そんな中で、
将来を見据え次の成長ステップを検討されている経営者様から

・買い手市場ではあるが、どのように採用すれば良いか分からない
・生産性をあげる教育手法を知りたい
・新卒が早期戦力化する手法を知りたい
・離反率をもっと抑えたい
・継続的な売上を確保したい

といったご相談を数多く頂いております。

そんな中、
業績アップを達成されている企業様がまず注力されているのが
安定した売上アップができるサブスクリプションモデルの導入です。

今回、お伝えしたいのはコロナ禍でも影響の受けづらい「仕組み」の話になります。

影響が少なかった企業の多くは、
そもそもの継続率(リピート)が高いという点があります。
特に会員制やサブスクリプション(以下、サブスク)のビジネスモデルを
導入しているところは顕著でした。

サブスクと書くと、通い放題のイメージを持たれる方は多いのですが、
整骨院の会員制やサブスクモデルの多くは、
来院頻度によって金額が変わる形をとっています。

例えば、
① 定額費用(5,000円)を毎月支払い、
1回当たりの施術金額が会員価格(半額程度)で通えるモデル

②契約期間(6か月、1年)に応じて、
1回当たりの施術金額が異なり毎月の回数を選択できるモデル

などがあります。

どちらのモデルも契約期間(6か月~1年)を設けて
固定の支払分はカードからの引き落とし(継続課金)の形で行うので
会員数が多くなればなるほど安定収入となります。

このような未曾有の事態になると、
既存の事業強化はもちろん、
安定するビジネスモデルを模索するなど
新たなビジネスの柱を検討されている経営者の方も多いかと思います。

その中で、
継続モデル(会員制、サブスク)の形は皆さん意識されているでしょう。

しかし、
会員制などのビジネスモデルの導入する際に気を付けていただきたいのが、
仕組みを入れたから継続率が高まるわけではないということです。

そもそも、
・整骨院での治療コンセプトが継続モデルとマッチする考え方か?
・離反率は最低でも20%以下になっているか?
・スタッフの方に半年、1年通ってもらえるイメージが持てるか?

など、仕組みだけ導入を考えるのではなく
あり方の部分も現状として適している状況かを見極めなければいけません。

とはいえ、どのように進めていけばいいかがわからないという方も多いと思います。

そこで、
整骨院2店舗の売上900万円以上(そのうち会員売上300万円以上)を達成しているサブスクモデルの成功企業をゲストに迎える、
10月度『整骨院経営イノベーション研究会』に無料ご招待いたします。(過去に1度も会にご参加いただいていない方限定)

===============
【整骨院経営イノベーション】
特別無料ご招待(1社1回限り)
(詳細はこちら)https://funai-healthcare.funaisoken.co.jp/study/foci/
(お申込みはこちら)https://lp.funaisoken.co.jp/mt/funai-healthcare/consulting-inquiry.html#_ga=2.47791652.282314359.1598923727-983163170.1587713634
2020年10月18日、25日10:30~17:00開催
※日程はどちらかを選択頂きます。
===============

このメルマガでも何度か紹介していますが、
会員制で通常セミナーとは違い誰でも参加できるものではないのですが、
まだ参加されたことがない方は1度だけ『無料」でお試し参加していただけます。

10月18日と25日開催の「整骨院経営イノベーション研究会」では
上記事例をご紹介しながら、以下の講座をご用意しております。

第一講座:withコロナ時代に整骨院経営で飛躍するための考え方
第二講座:withコロナ時代での採用・教育手法
第三講座:サブスクリプションを活用した持続的成長手法
第四講座:事例共有会

第一講座・第二講座
実際に整骨院の業績アップに携わる
専門コンサルタントが他院の事例をご紹介しながら
withコロナ時代において自院をさらに成長させる考え方や手法、
時流に沿った採用・教育の導入で安定成長を実現するノウハウをお伝えします!

第三講座
サブスクリプションモデルの導入事例では、
ゲスト講師の方による講座になります。

今回のゲスト講師は
株式会社メディカルホスピタリティ代表取締役 阪本守氏にご登壇頂きます。

株式会社メディカルホスピタリティは
埼玉県越谷市で現在は整骨院2店舗、
美容整体院1店舗を運営しており、
整骨院2店舗の月商は900万円で、
そのうち300万円が会員売上で構成されており、
離反率も7~8%以下の高水準。

サブスクモデルを導入している企業が多い中において、
WITHコロナ時代においても時流適応で
圧倒的な成果を生み出し続け、
継続型ビジネスモデルを実現されています。

第四講座に関しましては、
研究会を構成している190社、それぞれの経営者様同士で、
当日の講座内容についての意見交換や、
今お持ちのお悩みについても
他の院を経営されている経営者様にご相談できます。

190社の会員様がいらっしゃるので、
同じお悩みを経験された院様もきっと見つかるかと思います。

そんな同じお悩みを経験された院様に直接お話を聞いて頂けるのは、
中小企業コンサルティング特化の船井総研がご用意するコンテンツだからこそです。

ぜひこちらもご参加ください!

今回の内容が聞けるのは10月例会だけです。(後日、DVDなどの販売もございません)
参加人数にも限りがございますので、
ぜひお早めにお申込み下さい。

===============
【整骨院経営イノベーション】
特別無料ご招待(1社1回限り)
(詳細はこちら)https://funai-healthcare.funaisoken.co.jp/study/foci/
(お申込みはこちら)https://lp.funaisoken.co.jp/mt/funai-healthcare/consulting-inquiry.html#_ga=2.47791652.282314359.1598923727-983163170.1587713634
2020年10月18日、25日10:30~16:30開催
※日程はどちらかを選択頂きます。
===============

船井総研ならではの治療院経営の現場最新情報&ノウハウが満載の無料メールマガジン

自費治療で売上が月200万円以上UP!新規交通事故患者が毎月8名以上集まる!
その秘密を無料メルマガで大公開!!

無料個別相談のお問い合わせ

オンライン経営相談

お申込みフォームはこちら

お電話でのお問い合わせ

0120-958-270 (受付時間 平日9:00~18:00)0120-958-270 (受付時間 平日9:00~18:00)

船井ヘルスケア経営.COMを見たとお伝えください。

ページのトップへ戻る