「鍼灸整骨院が果たすミッションを考えよう」

2019年11月19日配信

カテゴリ:
コンサルタントコラム 整骨院経営ブログ

先日ある経営者様のご講演を聞かせて頂き、
地域、大きく言えば日本に対して
鍼灸整骨院が果たすミッション(使命)は何か?
考えさせられる機会がありました。

私(浜崎允彦)自身も鍼灸整骨院内様に対して
持続的な成長のための経営コンサルティングで
ご支援してまいりました。
(これからも変わらずご支援させていただきますし、
 日々の経営相談も変わらずお受けさせて頂きます)

日々ご縁を頂く経営者様と
未来についてお話していても、
これから持続的に成長してくためには
鍼灸整骨院が果たすミッション(使命)
を考えるべきということは時流としても
来ていると感じています。

その一つの要因としては、
施術所のスケールの拡大が挙げられるでしょう。

平成30年度時点で、柔道整復師の施術所で
5万件を超えるスケールとなり、
あん摩マッサージ指圧・はり・きゅう・
柔道整復の施術所数
で合計すると14万件を超えています。

これだけのスケールにまで
成長してきているからこそ、
社会に対して果たすべき役割が大きく
なっていると見て良いでしょう。
それに伴って影響力も大きくなっています。

例えば整骨院であれば、
私個人的な考え方も含まれますが、
5万件というスケールがあるということは
地域住民にとって身近な痛み
解決のプロとして活躍し、
更に自費施術を広げることで
健康水準を上げることが
まだまだ実現できると考えています。

・良質な技術を地域社会にわかりやすく伝え、
浸透させるにはどうすればよいか?

・日本人が抱える身体の痛みを改善することで、
 世の中に具体的にはどのような影響、
価値を提供できるか?

・超高齢化社会がやってくる中で、
日本の医療費増大に向けて整骨院が果たせる役割は?
【医療費増大について参照】
https://funai-healthcare.funaisoken.co.jp/mail_magazine/191025/

など・・・・

釈迦に説法とはこの事かもしれませんが、
今一度、それぞれの先生方がお考え頂き、
日々の診療現場と向き合っていただけければ
大変うれしく思います。

結果、鍼灸整骨院が果たすミッション(使命)
を言語化していただければ現場もより活性化し、
使命感を持って仕事ができるスタッフさんも
増えてくることだと考えています。
そんな未来をイメージしています。

【追伸】
こちらでご紹介している関野先生は、
全国に良い技術を広めたい、
そう真剣にお考えの方です。

また、業界の時流を読み取り、
直営店やのれん分け(オーナー制度)
店舗などを上手に活用して経営をされています。

是非ともこちらをご覧いただき、
セミナーへもご参加くださいませ。
https://lp.funaisoken.co.jp/funai-healthcare/seminar/040249_lp/

船井総研ならではの治療院経営の現場最新情報&ノウハウが満載の無料メールマガジン

自費治療で売上が月200万円以上UP!新規交通事故患者が毎月8名以上集まる!
その秘密を無料メルマガで大公開!!

無料個別相談のお問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

お電話でのお問い合わせ

0120-958-270 (受付時間 平日9:00~18:00)0120-958-270 (受付時間 平日9:00~18:00)

船井ヘルスケア経営.COMを見たとお伝えください。

ページのトップへ戻る