☆★成功事例共有☆★『交通事故治療は社長のマインドと社員教育』

2019年8月6日配信

カテゴリ:
コンサルタントコラム 整骨院経営ブログ

こんにちは、船井総研浜崎です。
整骨院のコンサルティンググループの
マネージャーをさせていただいております。

弊社では、整骨院の会員制勉強会として、
整骨院交通事故研究会を運営しております。

交通事故治療を研究して
伸ばしたい経営者やグループ院の
交通事故責任者の方が参加され、
年に5回勉強会や情報交換会、
弁護士や整形外科医師を招いての
有識者会議を行っています。

真の患者救済をもっとも
身近な存在として行い
交通事故分野における
日本一のプラットフォームを
実現する研究会として昨年立ち上げ、
すでに60名近い経営者の方が
入会されております。

研究会の中で、
交通事故治療を伸ばすために
一番大事なことは
何か?というディスカッションに
なることがありますが、
私が一貫してお伝えしているのは、
会社戦略の中に交通事故治療を置くことです。

もっとわかりやすく言うと、
社長(経営者)が交通事故患者様の
救済に対して本気で取り組むことです。

なぜ本気で取り組むべきかという点ですが、
私なりの見解で申し上げますと
以下のことがあります。

1.そもそも保険制度を活用して、
交通事故の施術に関われる国家資格者が、
医師か柔道整復師しかいない。

2.医師か、柔道整復師の片方でも
地域内で適切に機能しない場合には、
交通事故の身体的苦痛や、
場合によっては心理的苦痛
で悩まれている方も救われない
ことになりかねない。
(経済的苦痛や社会的苦痛で悩まれている方も少なくない)

3.全国の会員企業様の現場の経営数値を見ると
交通事故患者様を増やすための対策を適切にすると
患者数は今でも増える上、身体も心も良くなっていく方の
報告を多数受けるため、一方でいい治療院に巡り合えずに
救われていない方もいる可能性を多分に感じている。

4.整骨院で交通事故治療を
受けられることを知っている人、
病院と併院できることを知っている人は
非常に少なく、交通事故治療の認知度が
低いデータが出ている

いかがでしょうか?

私自身が特に危機感を覚えているのは、
特に4で記した交通事故治療の認知度が
低いというデータです。

今まで交通事故に注力していなかった
会員企業様で、実際に

「整骨院で交通事故治療を受けられることを
知っていますか?」
「病院と併院できることを知っていますか?」

と現在通院されている
患者様向けにアンケートを取ったところ、
整骨院で交通事故治療を
受けられることを知っている人=30~40%

病院と併院できることを知っている人=10~20%

ぐらいが平均値でした。

整骨院に通院している患者様
ですらその理解度であり、
アンケートをとってその事実を知った先生方は
ショックを受けている様子でした。

と、同時に患者様に対して啓蒙活動を行えば、
まだまだ伸びしろがあるし、患者様もたくさん
救えるということを理解して本気で集患活動を
行っていくケースも増えています。

皆様の現場でも是非とも一度行ってみて下さい。

こういったことを踏まえて、
社長(経営者)が交通事故患者様の
救済に対して本気で取り組むというマインドを
是非とも持っていただきたいと思います。

ただし、
社長がどれだけ交通事故に関して
注力しなさいと現場に号令をかけても
「交通事故の知識は弱いし不安だ・・・」
「患者対応だけじゃなくて、
損保会社や医師との関わりが苦手」
「手間が増えてむしろ効率が悪く感じる・・・」

といった声も現場から上がってくるケースも
本音ではあるかと思います。

実は、交通事故集患については
社長のマインドに加えて、
社員教育が極めて大切になります。

その社員教育に非常に長けた会社様が船井総研の
会員企業様では多数いらっしゃいますが、
今回はその代表格である
株式会社ZERO(ゆめか整骨院)の
代表取締役の中山 雄太先生について
ご紹介したいと思います。

佐賀県佐賀市にて整骨院を経営し、
開業5年2ヶ月(2014年4月)、
若干29歳。

自賠責売上月間平均230万円、
自賠責新規数月間平均10人を達成、
全体売上は約500万円で治療家は2.7人
(常時稼動)で高生産性を維持しています。

この成果の根底にあるのは、
・徹底した理念浸透の方法
・交通事故の電話対応と日々の啓蒙活動
・交通事故対応のマニュアル創りと現場オペレーション
・スタッフの意識と行動指針を一致させる朝礼
・治療スキル(商品)に誇りを持たせる風土創り

・・・など様々なポイントがあります。

これらをどのように運用し、
日々社員教育を行っているか?
その神髄を見たいという方は
来る、9月8日(日)に是非とも
佐賀までお越しください。

先日のメルマガでもご紹介した
「整骨院向け繁盛店視察ツアー」
の視察先になって
いますので、是非とも社長および
交通事故に注力させたい
責任者の方とご一緒にいらっしゃることをお勧めします。

実際に行っている社員教育やその実務内容を
社長自らがご講演いただきますし、
現場も視察できます。

先日ご案内した通り、九州視察にも関らず
すでに
バスのお席に都合上、
定員に近づいてきていますので、
興味がある方は今すぐお席の確保をしてください。

お申込みは、
以下(WEBもしくは紙版を印刷してFAX)
からよろしくお願いいたします。

視察ツアーのご案内(WEB版)はこちら
https://lpsec.funaisoken.co.jp/funai-healthcare/seminar/048176_lp/

視察ツアーのご案内(紙版)はこちら
https://www.funaisoken.co.jp/files/pdf_seminar_048176_01.pdf

船井総研ならではの治療院経営の現場最新情報&ノウハウが満載の無料メールマガジン

自費治療で売上が月200万円以上UP!新規交通事故患者が毎月8名以上集まる!
その秘密を無料メルマガで大公開!!

無料個別相談のお問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

お電話でのお問い合わせ

0120-958-270 (受付時間 平日9:00~18:00)0120-958-270 (受付時間 平日9:00~18:00)

船井ヘルスケア経営.COMを見たとお伝えください。

ページのトップへ戻る