【限定公開】交通事故新規10名/月を実現するために必要な取組とは

2019年1月10日配信

カテゴリ:
コンサルタントコラム

皆様

こんにちは

船井総合研究所の小川です。

 

突然ですが、以下の項目にあてはまる方は多いのではないでしょうか?

・年々、集患数が減少傾向にある

・オンラインの自賠責集患対策に不安がある

・毎月の新規が3名以下、自賠責売上が50万円未満で向上させたい

・毎月の自賠責売上は100万あるが、さらに伸ばしていきたい

・交通事故の分野で生き残るのは難しいと考えている

・自賠責の集患対策を行っているが、イマイチ効果が出ていない

 

・・・・いかがでしょうか?

これは実際に我々に多く寄せられるご意見で、多くの整骨院経営者の方が抱えている悩み、そして不安だと思います。

ですが、これらの意見とは対照的に、

・交通事故月間新規10名/月

・交通事故月商300万円

・月間交通事故カルテ枚数30枚

を継続的に達成している院があるのも事実です。

 

果たして、両者の差は何でしょうか?

 

それは、交通事故患者様の集患体制が適切に構築できているかいないかです。

言い換えるならば、集患のノウハウを知っているか知らないかが大きな分かれ目です。

 

先日のメルマガでもお伝えした通り、交通事故患者様の新規集患は大きく分けて

1.オンライン集患(HP、PPC広告、ポータルサイト、SNSなど)

2.オフライン集患(院内啓蒙、配布ツール、A型看板、のぼりなど)

の2つにわけられます。

上記の取組を全て理解し、実施できていますでしょうか?

 

これらの取組の内、

「ウチの院はチラシを配ったり看板も立てているから問題ない」

「HPには力を入れている」

「患者様に紹介していただくよう紹介カードを配布している」

ではまだまだ不十分です。

 

どれか1つをやっていれば良いというものではなく、これら全てを実施して初めて、

・交通事故月間新規10名/月

・交通事故月商300万円

・月間交通事故カルテ枚数30枚

といった成果に結びつきます。

 

なぜなら、チラシを配ったり、HPに注力している整骨院は既に大多数であり、それだけでは他院と差別化が図れないからです。

何を隠そう、これらの大多数の整骨院が冒頭にお伺いした悩みや不安を抱えているのが事実です。

 

 

重要ですので、最後にもう一度お伝えします。

交通事故分野の業績が伸びている院とそうでない院の違いは、

この集患ノウハウを”知っているか知らないか”です。

 

そして、以前から告知させていただいている交通事故セミナーでは、

全国250社の事例研究に基づいた、明日と言わず、その日から実践できる交通事故の集患ノウハウを余すことなくお伝えします。

 

本セミナーは東京・大阪の2ヵ所で開催予定ですが、各会場限定50名様となります。

開催日時まで30日を切り、残席が埋まりつつある状況のため、再度お伝えさせていただきます。

この場でしか知れない集患ノウハウを得られるかどうかは、心苦しいですが早いもの勝ちとなります。

この機会を逃さないためにも、どうかお早めのお申し込みをおススメいたします。

 

 

以下セミナーの詳細になります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

(1)1,200超の整骨院と取引実績のある弁護士法人の代表

(2)元損保会社で勤務経験のある損保会社OBが登壇!

2019年度 交通事故セミナー開催

セミナーのお申込み、詳細情報は以下のリンクをクリック!!

https://lp.funaisoken.co.jp/funai-healthcare/seminar/039600_lp/

≪特別ゲスト≫
弁護士法人心 代表弁護士 西尾 有司 氏 (三重弁護士会所属)

弁護士になって2年目で勤務弁護士をしながら年収1億円超えを達成。
独立後は、経営手腕を発揮し、わずか10年程度で弁護士46名を含む社員150名体制を構築。
保険会社側で交通事故事件を扱う中で、被害者に交通事故に詳しい弁護士が付くか否かで賠償金が2倍以上違うこともあることに疑問を持ち、被害者側の弁護士に転身。
被害者救済を行う中で被害者の真の望みが「早く治る」ことにあると感じ、1,200院超の治療院と協力しながら、賠償金・治療の両面から交通事故被害者の救済にあたっている。

弁護士法人心 元大手損保会社 OB 様

大手保険会社に長年勤務し、保険金の支払いの決裁者も務めていたため、保険会社の組織構造、決裁の仕組み、事案の管理の仕方等、保険会社の内部事情を知り尽くす。
現在は、弁護士法人心で、弁護士と連携し、被害者の側から交通事故の解決にあたっている。

≪このような整骨院経営者様にオススメ致します≫

◆交通事故売上を収益の柱にし、施術スタッフ1人あたり月100万円以上の高収益経営を行っていきたい方 
 ※保険売上と自費売上を含む
◆毎月の新規が3名以下、自賠責売上が50万円未満で、向上させたい方
◆年々、集患数が減少傾向にある方
◆毎月の自賠責売上が100万円程度あるけど、さらに、300万円以上をこれから目指していきたい方
◆オンラインの自賠責集患対策に不安がある方
◆正しい損保対応を身に着けたい方

周囲の院が自賠責での業績アップを諦めている中、
交通事故治療の地域1番院になりたい整骨院経営者様は是非今回のセミナーへお越しください。

整骨院業界に精通しているゲスト講師と共に、整骨院業界のほとんどの経営者が知らない
交通事故治療で地域1番院になる秘訣をお伝えさせていただきます。

本気で交通事故集患で結果を出したい方は、
以下のリンクをクリックし、今すぐセミナーにお申込みください!
https://lp.funaisoken.co.jp/funai-healthcare/seminar/039600_lp/

お申込は各会場50名様限定となります。

≪セミナー開催概要≫

2019年度 第13回
「真の患者救済のための交通事故売上地域一番化への道2019」

◆2019年2月3日(日)
 @船井総研 大阪本社 12:30~16:30 (受付12:00~)

◆2019年2月10日(日)
 @船井総研 東京本社 12:30~16:30 (受付12:00~)

詳細は下記よりご確認ください。
https://lp.funaisoken.co.jp/funai-healthcare/seminar/039600_lp/

<参加したあなたはこのようなノウハウを手に出来ます!>

1.整骨院が知っておくべき保険会社の仕組みと考え方

2. 交通事故患者様が毎月10名以上新規来院し続けるWEB集患ノウハウ

3.医師との関係性を良好にする具体的手法

4. 交通事故患者が集まる交通事故サイトの作り方

5.平均通院回数12回を実現する通院指導・患者管理

6.既存患者への認知度を高める啓蒙活動手法

7. スタッフが交通事故集患に積極的に協力してくれる院内教育手法

【セミナーのお申込み・詳細情報はコチラ】
https://lp.funaisoken.co.jp/funai-healthcare/seminar/039600_lp/

 

船井総研ならではの治療院経営の現場最新情報&ノウハウが満載の無料メールマガジン

自費治療で売上が月200万円以上UP!新規交通事故患者が毎月8名以上集まる!
その秘密を無料メルマガで大公開!!

無料個別相談のお問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

お電話でのお問い合わせ

0120-958-270 (受付時間 平日9:00~18:00)0120-958-270 (受付時間 平日9:00~18:00)

船井ヘルスケア経営.COMを見たとお伝えください。

ページのトップへ戻る