車屋や損保代理店との提携で交通事故新規3名/月

2020年8月19日配信

カテゴリ:
コンサルタントコラム 整骨院経営ブログ

タイトルを見て、「交通事故集患のための新たな方法」をお探しの整骨院経営者様は多いのではないでしょうか?
いつもメルマガをお読みいただきありがとうございます。
船井総研の大脇です。

さて、交通事故患者様を集患する新たな方法ですが
それは、法人からの紹介です。
法人からの紹介となるとピンと来ない方もいらっしゃいますが
車屋や保険代理店から紹介していただくことです。
実際に、このような企業と提携できている整骨院が
岡山市のAMBER様です。
こちらの整骨院様ですが、2020年の1~7月までの交通事故の新規数は、下記の通りです。

オンラインや既存患者様からの紹介も多いですが、
法人、つまり、車屋や保険代理店からの紹介がかなり多いのが分かります。

車屋や保険代理店と提携している理由は
交通事故関連の情報がすぐに入ってくるため
整形外科や損保会社で交通事故の患者様の来院がストップすることなく、自院に来院することができるのです。

また、こちらの整骨院様では、提携先から新たな提携先を紹介していただけることがあるそうです。

整骨院に紹介でやってきた患者様は
他の患者様を紹介してくれやすいと思います。
これと同じように提携した企業から紹介で提携できた企業は
新たな企業を紹介してくれる可能性が高く
この連鎖で提携している企業数は増えております。

また、このような患者様は、紹介していただいた車屋や保険代理店から
「しっかり通院した方がいい」と言われているため
オンラインや既存の患者様からの紹介の患者様より通院回数が多くなるそうです。

提携先を増やすまでのポイントは、自分の身の回りから探すことです。
提携と聞いて、飛び込み営業をイメージされた方が多いと思いますが、飛び込み営業の必要はございません。

実際に、AMBER様が最初に提携した企業は
代表の徳良様が車を購入された車屋と加入されていた保険の代理店です。
新規で顧客開拓を行うのではなく
既存の人脈から提携先を探すことが重要とのことです。

新型コロナウイルスや整骨院数の増加で整骨院業界の競争が激しくなる中で
交通事故関連の企業と提携を結び
交通事故の情報収集力を強化し、他院と差別化を図ることは
最も重要な取り組みであると思います。
是非、今一度院の戦略を見直していただければ幸いです。

つきましては、提携までのより具体的なノウハウを公開するため
2020 年 9 月 27 日(日曜日)@オンラインの整骨院交通事故研究会にて公開させていただく形となりました。
https://www.funaisoken.co.jp/form/study?contact_number=027874

船井総研の整骨院交通事故研究会で全国の整骨院様の中から
MVPを受賞されている陽だまり鍼灸整骨院様をゲスト講師としてお迎えし
最新の交通事故集患のノウハウをお伝えさせていただきます。

ご興味のある方は、是非お申込みくださいませ。
研究会の無料お試し参加は以下のリンクからお申込みください。
https://www.funaisoken.co.jp/form/study?contact_number=027874

料金:1社2名様まで無料
日程:9月27日(日曜日)
時間:12時~16時半
場所:オンライン(ZOOM)
※オンライン開催のため、院やご自宅からご参加いただけます。

船井総研ならではの治療院経営の現場最新情報&ノウハウが満載の無料メールマガジン

自費治療で売上が月200万円以上UP!新規交通事故患者が毎月8名以上集まる!
その秘密を無料メルマガで大公開!!

無料個別相談のお問い合わせ

オンライン経営相談

お申込みフォームはこちら

お電話でのお問い合わせ

0120-958-270 (受付時間 平日9:00~18:00)0120-958-270 (受付時間 平日9:00~18:00)

船井ヘルスケア経営.COMを見たとお伝えください。

ページのトップへ戻る