【コロナ・第三波】2021年以降の整骨院経営で外してはいけないポイント

2020年11月20日配信

カテゴリ:
経営 コンサルティング

船井総研では「時流予測」を非常に重要視しています。
社長の仕事の中でも時代をどう読むかは大切な仕事の一つです。
時代が正しく読めていない社長は、川の流れに逆らって泳いでいるようなものです。

皆様はいかがでしょうか?
そもそも今年2020年は年初に予測していた通りになりましたでしょうか?
恐らくコロナに関しては多くの人が予測できない事態だったのではないでしょうか?

ちなみに、時流予測をするには下記の要素が必要です。

①業界内のびっくり現象を抽出・抽象化
②関係するマクロ情報か
③フレームワークを活用して事例を当てはめてみる

この当たりは私たちが主催する整骨院経営イノベーション研究会・整骨院交通事故研究会の約300社の会員様と弊社は様々な業種に対してコンサルティングを提供しているため精度の高い時流予測を行うことが可能です。

さて、2021年以降の整骨院経営において重要なポイントを考えてみたいと思います。

①売上高・店舗数・従業員数<営業利益率・シェア率・一人あたり生産性
②ストックビジネスの導入
③DXによる現場の生産性向上・業績向上
④LTVをより意識したビジネスモデルへの転換
⑤WEBマーケティングのさらなる強化
⑥パーパス(存在意義)を明示して現場で形にし、発信する

まだまだありますが、こういった時代の流れの中で何を選択すべきか・何を捨てるのか。本当に重要になってきます。「絶対」ということはないかもしれないですが、選択の連続の中で確率的に高い選択をすることが2021年以降の経営を飛躍させていくでしょう。

ここについては、
12月9日(水)@WEB開催、12月20日(日)@WEB開催にて、「整骨院向け時流予測セミナー2020」を行いますので、学びたい!具体的内容を知りたい!という方はこちらをご確認ください。

https://www.funaisoken.co.jp/seminar/065649

今後、整骨院業界は様々な変化が起こると予想されます。
時流予測から最適解を導き、正攻法で経営を進めていきましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

船井総研ならではの治療院経営の現場最新情報&ノウハウが満載の無料メールマガジン

自費治療で売上が月200万円以上UP!新規交通事故患者が毎月8名以上集まる!
その秘密を無料メルマガで大公開!!

無料個別相談のお問い合わせ

オンライン経営相談

お申込みフォームはこちら

お電話でのお問い合わせ

0120-958-270 (受付時間 平日9:00~18:00)0120-958-270 (受付時間 平日9:00~18:00)

船井ヘルスケア経営.COMを見たとお伝えください。

ページのトップへ戻る